高柳小学校2年生  課外授業支援(さとやま探検)

世話人の皆さん
手慣れたもので
短時間のうちに
すっかり準備が
出来ました

毎年夏休み前に行っている2年生の課外授業(里山たんけん)が新型コロナウイルス
感染予防のため一旦は中止になりましたが、少しづつ落ち着いてきたことで
実行することになりました。
このところの雨続きで森の準備が心配でしたが、18日大津川の清掃日、
幸いにも予想が外れ天気になり、清掃活動終了後森での遊び作りを完成させました。。その後も雨
実施日の前日もかなりの雨で心配しましたが、2日間好天に恵まれ、子ども達はもとより、会員も
大変ながら楽しんだのではないでしょうか。
4クラス(137名)を2日に分け、同日の2クラスを更に時間差を付け会員2名が学校まで送迎をしました。
1クラスを更に森での遊びと田んぼのあぜ道探索コースに分けて極力密を避けての行動をとりました。
森の中では遊びの見守り、あぜ道での案内を世話人、OBや地域の方の応援を得て何とか怪我もなく
無事に終了することが出来ました。
         

10月20日・21日

 
 材料の木や竹を運び 綱渡りの準備  ターザンの準備  森に入る子はヘルメット着用
 竹の上を歩きながらの綱渡り   森と外の温度差感じたかな? 丸太渡り 
 
ターザンごっこ  ぶらんこ遊び 

このおじさん全員の分徹夜で
作成しました


 森の遊びが終わったらあぜ道探索
 
橋の上で亀発見!
大津川の話や田んぼの話を聞き
草花や虫も見つけたりして
  里山を感じてもらいました
竹笛づくり  ちゃんと音が出るかな?  

ザリガニをつかんで大はじゃぎ!

コロナ禍の中で
とても楽しい時間を過ごしてもらうこ
とが出来本当に良かったです。
子ども達も大変満足して頂きました
遊び道具を作ってくれたことに感謝の
言葉も頂き世話人一同うれしかったです。

全員元気で学校へ戻りました
 
  世話人及び協力いただいた皆様
  お疲れ様でした


帰ったら給食。沢山食べてね。
子ども達に見てもらう為に前日の早朝に世話人数人で川の生き物を
採取しました 
inserted by FC2 system